人妻をセフレにするための流れ|セフメイク

人妻をセフレにするための流れ

セフレという言葉を聞くと同時に人妻というキーワードがうかんでるくる人も多いのではないでしょうか?
では今回そんなみなさん大好きな人妻をセフレにするということについて書いていきたいと思います。

 

まずそもそも人妻を簡単にセフレになんてすることはできるのでしょうか?
答えはYesです。

 

では何故人妻はセフレになりやすいのかを説明していきます。

 

まず人妻はセフレであることの要件を最大限に満たしています。
セフレを作るにあたって難しいのは彼女ではなくセフレという状態にすることです。
しかし、人妻はどれだけ深く近い関係になろうとも、決して恋人になることはありません。

 

そのため、未婚の女性の場合それなりに気を引き止めるために、たまにはデートをしたり、愚痴を聞いたりしてある程度時間やお金を取られてしまいます。
人妻のセフレになるとデートなどは不要ですし、相手にも家庭がありますのでこちらと関わる時間はセックスの時の最小限で済みます。
また、人妻になる人の年齢として20代後半から30代が多くこの時期の女性というのは性欲がかなり強いです。
と同時に男性の性欲が少しづつ衰えていき、夫婦の仲もマンネリ化してくる時期とちょうど重なります。

 

背徳感が楽しめる
人妻のセフレとの醍醐味の一つとも言えるのがこの背徳感ではないでしょうか?
相手には旦那さんがいるのに他の男に抱かれている。
しかもその男は他の誰でもなく自分自身です。

 

これらは私が危険を犯してまで人妻をセフレにする理由になりますがみなさんはどうでしょうか?

 

人妻を落とすに当たって重要な事
まず第一に女として接するということです。
人妻の女性は普段から母という役割と妻という役割を演じています。
そうです。妻や母親になっているのではなく演じているのです。
つまり自分自身に嘘をついて生きているのです。

 

そうしてくると段々と息苦しくなっていき自分が女ということは忘れてしまいます。
しかし、いくら人妻に母親になろうとも女は女です。
このコトを意識して接することがまず一番重要なことです。

 

では具体的にはどうすれば良いのか。
簡単です。褒めるのです。ただただ褒め続けるのです。

 

基本的に女の子は寂しがり屋なので褒めることも重要ですが、共感をしてあげることが一番なのですが、こと人妻に関して言えば共感以上に褒めまくることがいちばん重要なのです。

 

何故人妻は共感するより、褒めることの方が効果的なのか。
それは日常の中で共感されることや、頼りにされることはあっても褒められることが圧倒的に少ないからです。
簡単にいうと人は自分にないものを欲しがります。
才能ある方が努力をできることを羨んだり、反対に努力ができて才能がない方は才能をもっている人を羨ましがります。

 

では人妻の日常はと言うと近所とのおしゃべりや、旦那子供の世話で毎日が過ぎていき共感や頼りにされているという実感は毎日わきますが、女として求められているという事は日常ではほとんどありえません。

 

そんな中であなただけが日々褒めてくれる。
そんな誘惑に勝てる人などまずいないでしょう。